ファームの特色
学習について
  
午前の集団学習では、カードを使い、語 彙や知識(常識)を増やせるようにして います。午後の個別学習では、年齢や個 人のペースに合わせて進めます。午前と 午後の1日2回、毎日繰り返し継続して 行っていきます。  

1か月ごとに学習内容報告書を作成し、ご提出します。(0〜1歳児はドッツカード、フラッシュカードによる名詞、数、色、形など指導になります。指導には、保育士・教育有資格者が対応します。)

また、縦割り保育になるので年齢の上下によってお互いによい影響を与え合うことが出来ます。弱い立場の者を思いやる気持ちや年長の者を尊敬する気持ちをはぐくむことも出来ます。
その他に、しつけなども徹底して行っています。
週に1回、英会話やコンピューター、スイミングの時間も設けており、また、月に1回、お誕生会や小遠足、クッキングや避難訓練の行事も行っています。


食事について
現代の子供達は、脂肪・炭水化物の摂取過多で、ビタミン・ミネラル・たんぱく質の不足が指摘され、また、ソフトフードの氾濫で骨やあごの発育不全も問題です。
ファームでは昼食・おやつ・軽食で全身の健康管理を考え、バランスの良い食事を栄養士・調理師が用意します。
アレルギーのある場合は、できる限り除去します。

安全について
職員は全て有資格者です。万が一の場合に備えて嘱託の医師と綿密な連絡が取れるようになっておりますので、感染症ではない軽病のお子様もお預りできます。また、内科検診・歯科検診も行っています。

*病児保育は子供の様子や性格を知り、またお子様も慣れ親しんでいることが必要ですので、定期的にお預りしているお子様に限らせていただきます。